イオン銀行の現金入金の方法、ATMでの現金振込ができる場所

公開日:2016年12月19日

イオン銀行 現金入金

銀行を利用していると、現金を入金したいという機会が多く訪れます。

振込で給料が入る場合などは良いですが、振込手数料の節約のためにATMから出金した現金をイオン銀行の口座に入れたいケースもありますし、現金で入った臨時収入をイオン銀行の口座に入れたいケースもあります。

そこで、イオン銀行の口座に現金入金する方法やATMから現金で振込でする方法などを見ていきたいと思います。

イオン銀行の口座に現金入金する方法

イオン銀行 現金入金

  • イオン銀行ATMから現金入金
  • 提携ATMから現金入金
  • イオン銀行店舗窓口で現金入金

イオン銀行の口座に現金を入金する方法は、ATMから入金するか、イオン銀行の店舗で入金する方法があります。

イオン銀行のATMはイオンをはじめ、マックスバリュ、ミニストップなど全国に5,000箇所超あり、イオン銀行の店舗にもATMが設置されていますので、ATMで入金をする人がほとんどです。

イオン銀行 現金入金

イオン銀行ATM以外の提携ATMでも入金することができます。

イオン銀行のキャッシュカードは、主要なATMだとセブン銀行ATMを除くほぼすべてのATMを利用することができます。

利用できるATMは全国で50,000台超です。

セブン銀行ATMが利用できないのは痛いですが、ATMが見つからずに困ることはほぼないでしょう。

イーネットATMやローソンATMなどのコンビニATMでは、入金でも1回108円から216円のATM利用手数料がかかります。

手数料無料で利用できるATMにはゆうちょ銀行ATM三菱東京U FJ銀行ATMみずほ銀行ATMなどがありますので、イオン銀行ATM以外にもこれらのATMを使って入金するのがお得です。

イオン銀行 現金入金

なお、イオン銀行には「イオン銀行ポイントクラブ」というポイント制度があり、負担したATM手数料をWAONポイントで最大月に5回まで還元してくれるサービスもあります。

イオン銀行ポイントクラブを利用して、実質手数料無料で提携ATMを利用することができますが、イオン銀行ATMであれば24時間365日いつでも手数料無料で入金することができます。

ですので、なるべくイオン銀行ATMかゆうちょ銀行ATMなどの手数料無料で利用できるATMを探して利用するようにしましょう。


イオン銀行で現金入金する場合の限度額

イオン銀行 現金入金

イオン銀行ATMから現金入金(預入)をする場合、1日の限度額はありませんが1回あたりの入金は200万円が上限となっています。

1日の入金回数の限度はありませんので、仮に1,000万円入金したい時には200万円×5回で入金する必要があります。

イオン銀行ATM以外の提携ATMからの入金の場合、ゆうちょ銀行ATM、みずほ銀行ATMは1回200万円、その他のATMについては100万円未満が限度額となります。

1回あたりの入金額の上限はありますが、回数制限がないので、特に金額は気にせずに入金することができますね。


イオン銀行ATMでの現金振込

イオン銀行 現金入金

現金を持っていて、カードはないけど他人の口座に振込をしたり、自分の口座に入金したいケースもあります。

そのような場合はATMでの現金振込を利用することで、現金を入金することができます。

イオン銀行ATMは、イオン銀行の店舗に設置されている一部のATMでのみ現金振込が可能になっています。

イオン銀行店舗にあるATMは、できることが通常のATMよりも多くなっており、硬貨の入金もすることができます。

イオン銀行 現金入金

なお、現金振込の場合、通常の振込手数料とは異なり、以下の振込手数料がかかります。

■イオン銀行ATMから現金振込をする手数料

条件 5万円未満 5万円以上
イオン銀行宛 216円 432円
他行宛 432円 648円

いずれもイオン銀行の口座から振込をした方が手数料が安くなっているため、キャッシュカードが手元にある場合には一度イオン銀行の口座に入金をして、そこからATMやオンラインバンキング経由で振込をする方が手数料の節約になります。


まとめ

イオン銀行 現金入金

イオン銀行の現金入金の方法やATMで現金振込をする方法などを見てきました。

内容をまとめると以下のようになります。

  • イオン銀行ATMなどで現金入金ができる
  • 1日の上限なく入金できる
  • 現金振込は店舗設置のATMのみ

イオン銀行の口座に現金を入金するには、イオン銀行ATMのほかにゆうちょ銀行ATM、みずほ銀行ATM、三菱東京U FJ銀行ATMなどで手数料無料で入金ができます。

手数料はかかりますが、イーネットATM、ローソンATMでも現金入金することができます。

現金振込は店舗設置のATMのみですが、イオン銀行の口座に一度入金してから振込をすることで普通のATMからも振込できますし、手数料も安くすみます。

キャッシュカードがないとちょっと困ったことになりますが、それ以外であれば困ることはなさそうですね。

ATM手数料がかかる場合でも、イオン銀行ポイントクラブの特典で最大月に5回まで手数料相当のWAONポイントが還元されます。

月の還元される回数はステージによって決まりますので、なるべくステージを上げるようにしたいですね。

イオン銀行 現金入金

イオン銀行ポイントクラブの詳細は別の記事で紹介していますが、イオンカードセレクトを持っていると、クレジットカード、WAONの支払がすべてステージ判定に使われるのでステージが上げやすくなります。

イオンカードセレクトは、預金金利の優遇も受けることができ、年会費無料ですので、イオン銀行利用者にとっては必須のカードです。

まだ犬のデザインの普通のイオンバンクカードを使っている人は、もったいないのでイオンカードセレクトに切り替えておきましょう。

イオンカードセレクトの詳細を見てみる

これからイオン銀行の口座開設をする人は、イオンカードセレクトとの同時申し込みもできますので、同時申し込みが手間も少なくおすすめです。

イオンカードセレクトとイオン銀行の同時申し込み


本記事以外にも当サイトではネット銀行選びに役立つ情報や活用方法を紹介していますので、ぜひトップページから気になるページをご覧ください。



当サイトのおすすめネット銀行


logo-aeon
イオン銀行は預金金利が最強の銀行です。

クレジットカード機能付きのキャッシュカード「イオンカードセレクト」を持っている人だけの特典で、普通預金金利が0.1%上乗せ!
ネット銀行の中でもダントツに金利が高く、金利が高い銀行に預けたい人はイオン銀行がおすすめです。

リンク先はカードの申込ページですが、同時申込ができるのでイオンカードセレクトを紹介しています。
koushiki7
logo-sbi
住信SBIネット銀行は総合力が高く、誰にでもおすすめできるNo1ネット銀行です。

振込手数料ATM利用手数料はランクに応じてそれぞれ月に最大15回まで無料になります。

グループのSBI証券との連携サービスは株取引が便利になるだけでなく、普通預金金利がぐんとアップするメリットもあります。
koushiki2
ジャパンネット銀行はワンタイムパスワードを導入しておりセキュリティに強いネット銀行です。

日本初のネット専業銀行で、様々なサービスに対応しており、オークションやポイントサイトを利用している方には特におすすめ。

3万円以上の入出金は回数無制限でATM手数料が無料!
koushiki2


高金利の銀行を選んでメガバンクの120倍の金利を得る

マイナス金利といわれる今だからこそ、少しでも金利を高くするために銀行選びが重要になります。金利の差はわずかでも10年20年と経った時に大きな預金の差をつけることができますよ。

今は一番金利が高い銀行に預けることで普通預金金利をメガバンクの120倍も高くすることができます。お得になる金額は毎年100万円を預け続けると、10年で7万円弱、20年で25万円以上になります。

銀行サービスを研究している当サイトでも、今一番お得な情報だと考えています。

特に今メガバンクを利用している人はぜひ一度見てみてください。

預金金利を120倍にする方法を見る



サブコンテンツ

このページの先頭へ