イオン銀行とイオンカードセレクトを活用した節約術

公開日:2015年11月16日
最終更新日: 2016年4月5日

aeonbank06

その名の通り、イオンをよく使う人が便利なイオン銀行ですが、イオン銀行は同じグループ企業のイオンクレジットカードが発行しているイオンカードセレクトを利用するとさらにお得に利用することができます。

イオン銀行とイオンカードセレクトを一緒に使うとどんなメリットがあるのか紹介したいと思います。

イオン銀行ATMが回数無制限で手数料無料

まずイオン銀行は銀行口座を持っていればイオン銀行ATMが回数無制限に入出金無料で利用することができます。

イオン銀行ATMはイオンやミニストップのほぼ全店に設置されているATMですので、イオンをよく利用する人は買い物の前に入出金をすることができ、手数料もかからないのでお得に利用することができます。

振込手数料は他行宛ての振込手数料が216円かかり、無料利用回数はありません。(後述するイオン銀行ポイントクラブを利用することで実質月1回分無料とすることはできる)

また預金金利はネット銀行としては平均的な水準となっています。

入出金できるATMはライバルのセブン銀行ATMが利用できなくなっています。ATMのネットワークが広く、日本に1万点以上あるセブンイレブンのATMを利用できないので結構痛いですね。

イオン銀行ATMを手数料無料で入出金できる点は魅力ですが、その他のサービスは平均的なサービスレベルとなっています。

  • イオン銀行の金利・手数料・サービスの特徴と活用方法

  • しかしイオン銀行はクレジットカードのイオンカードセレクトと組み合わせることでぐっと便利さお得度が高まります。


    イオン銀行とイオンカードセレクトを一緒に使うメリット

    • イオン銀行の普通預金金利が6倍になる
    • イオン銀行ポイントクラブのステージが上がりやすくなる

    aeon-selectcard

    イオン銀行はイオンカードセレクトと一緒に利用することで劇的にお得度や便利さが高まります。

    イオンカードセレクトはイオン銀行とイオンカード、電子マネーのWAONが一つになったクレジットカードで、イオンのサービスをよく利用する人はぜひ持っておきたいクレジットカードです。

    イオン銀行の普通預金金利が6倍になる
    まずイオンカードセレクトの会員はイオン銀行の普通預金金利に0.1%が上乗せされます。2015年11月時点でイオン銀行の普通預金金利は0.02%ですので、0.1%が上乗せされると012%となり、預金金利が6倍になります。

    イオン銀行ポイントクラブのステージが上がりやすくなる
    さらにイオン銀行ポイントクラブのステージが上がりやすくなるメリットがかなり大きいです。

    イオン銀行ポイントクラブとはイオン銀行の口座を持っている人が自動的に加入するポイント制度で、イオン銀行、イオンカード、WAONの利用金額に応じてステージが決まり、ステージ特典に応じたポイント還元が受けられる制度です。

    ■イオン銀行ポイントクラブの特典

    • 振込手数料が最大で実質月5回無料になる
    • 他ATM利用手数料が最大で実質月5回無料
    • 他行からの振込入金、公共料金の振替でポイントがもらえる
    • 定期預金残高に応じてポイントがもらえる
    • 年金の受取でポイントがもらえる

    振込手数料やイオン銀行ATM以外のATM手数料と同額のWAONポイントで還元するので、実質的に手数料が無料になります。ポイント還元される回数はステージごとに月間回数が決まっています。

    最高クラスのステージ3になると振込手数料、他社ATM利用手数料が実質月5回まで無料になります。これはネット銀行の中でも最高レベルのサービスです。

    さらに他行からの振込入金1件ごとに50WAONポイントをもらうことができ、ステージ1なら月に1回、ステージ2なら月に3回、ステージ3になると月に5回までポイントがもらえます。

    また、以下の一定の取引をすると行った取引ごとにステージ1なら25WAONポイント、ステージ2なら50WAONポイント、ステージ3になると100WAONポイントをもらうことがもらえます。

    ■対象の取引

    • 定期預金(月末残高100万円以上)
    • 投資信託(月末時価評価額100万円以上)
    • 住宅ローン(月末残高あり)
    • 無担保ローン(月末残高10万円以上)
    • 公的年金の受取

    すべての条件を満たすと、ステージ3では毎月500WAONポイントもらえることになります。何もしてなくても毎月500円分のポイントがもらえるというのは本当にすごいですね。

    また公共料金の振替については1件ごとにステージに関わらず5WAONポイントをもらうことができます。

    このようにイオン銀行ポイントクラブはステージを上げることでポイントがぐんと貯まりやすくなるのですが、イオンカードセレクトを利用することでステージを上げやすくなります。

    イオン銀行ポイントクラブのステージの判定は6か月間の「WAON利用額」と「イオンカードの利用(イオン銀行口座での振替が条件)」金額の合計金額により決定し、10万円以上でステージ1、30万円以上でステージ2、50万円以上でステージ3となります。

    ■ステージ判定条件

    利用金額(WAON、カードの合計) ステージ
    10万円以上 ステージ1
    30万円以上 ステージ2
    50万円以上 ステージ3

    最高クラスのステージ3となるには、半年間で50万円の利用をしないといけないので、WAONの利用だけだとかなりハードルが高くなります。これをイオンカードセレクトを利用するとクレジットカード利用分も利用金額に加算することができるので、月に8万円強という金額を達成することも現実的になってきます。

    ステージ3となることで、上述した振込手数料と他社ATMが毎月実質5回無料、さらに利用サービスに応じて最大毎月500円分+αのポイントをもらうことができるので、飛躍的にサービスレベルが上がります。

    イオン銀行を利用する人はこれらのサービス獲得を目指して、ぜひイオンカードセレクトも作ってお得に利用していきたいですね。

    クレジットカードの利用が少なくてステージを上げるのが難しそうな人でも、普通預金金利が6倍になるという大きなメリットがありますので、イオン銀行を使うならイオンカードセレクトはとりあえず作っておくべきカードです。(年会費も無料でコストもかかりませんしね)

    これからイオン銀行口座を作ろうとしている人もイオンカードセレクト時に同時に申し込めますので別々に作るより手続きも簡単です。

  • イオンカードセレクトの還元率とおすすめポイント

  • 本記事以外にも当サイトではネット銀行選びに役立つ情報や活用方法を紹介していますので、ぜひトップページから気になるページをご覧ください。



    当サイトのおすすめネット銀行


    logo-aeon
    イオン銀行は預金金利が最強の銀行です。

    クレジットカード機能付きのキャッシュカード「イオンカードセレクト」を持っている人だけの特典で、普通預金金利が0.1%上乗せ!
    ネット銀行の中でもダントツに金利が高く、金利が高い銀行に預けたい人はイオン銀行がおすすめです。

    リンク先はカードの申込ページですが、同時申込ができるのでイオンカードセレクトを紹介しています。
    koushiki7
    logo-sbi
    住信SBIネット銀行は総合力が高く、誰にでもおすすめできるNo1ネット銀行です。

    振込手数料ATM利用手数料はランクに応じてそれぞれ月に最大15回まで無料になります。

    グループのSBI証券との連携サービスは株取引が便利になるだけでなく、普通預金金利がぐんとアップするメリットもあります。
    koushiki2
    ジャパンネット銀行はワンタイムパスワードを導入しておりセキュリティに強いネット銀行です。

    日本初のネット専業銀行で、様々なサービスに対応しており、オークションやポイントサイトを利用している方には特におすすめ。

    3万円以上の入出金は回数無制限でATM手数料が無料!
    koushiki2


    高金利の銀行を選んでメガバンクの120倍の金利を得る

    マイナス金利といわれる今だからこそ、少しでも金利を高くするために銀行選びが重要になります。金利の差はわずかでも10年20年と経った時に大きな預金の差をつけることができますよ。

    今は一番金利が高い銀行に預けることで普通預金金利をメガバンクの120倍も高くすることができます。お得になる金額は毎年100万円を預け続けると、10年で7万円弱、20年で25万円以上になります。

    銀行サービスを研究している当サイトでも、今一番お得な情報だと考えています。

    特に今メガバンクを利用している人はぜひ一度見てみてください。

    預金金利を120倍にする方法を見る



    サブコンテンツ

    このページの先頭へ