大和ネクスト銀行の株主構成

公開日:2014年1月24日
最終更新日: 2014年8月19日

大和ネクスト銀行の株主構成

大和ネクスト銀行は高い預金金利と大和証券との連携サービスが魅力のネット銀行です。

その名の通り大和証券グループの企業で、株主構成としては以下のようになっています。

■大和ネクスト銀行の株主構成

株主 出資比率
株式会社大和証券グループ本社 100.0%

大和ネクスト銀行は大和証券グループ本社の100%子会社となっています。

資本が安定していることでサービスが継続的に提供されるというメリットがあり、大和証券グループということで大和証券との密接な連携があり、証券口座との連携サービスが提供されています。(実際は大和証券が連携させるために設立したという意味で逆ではありますが)

大和証券を利用する人向けのサービスに寄っているので、大和証券の口座を持っていなくても便利に利用できるようになるともっと多くの人に利用してもらえると思いますので今後のサービス拡大に期待していきたいと思います。


大和証券との連携とデメリット

大和ネクスト銀行は大和証券の100%子会社らしく大和証券を便利に利用することができる銀行です。

大和ネクスト銀行はグループの大和証券と連携をする「ツインアカウント」というサービスを提供しており、大和ネクスト銀行に預金をしておけば、大和証券の口座と入出金の手続きをすることなく株式の購入資金となる買付余力に反映されます。

通常、証券口座への入金は振込や即時入金サービスを利用して、入金の手続きをしないと株を購入することはできませんでしたが、銀行と証券の口座の違いを意識することがなく投資をすることが出来るようになり大きなメリットです。

また、元々大和ネクスト銀行は普通預金の金利が高いので、証券投資をしていない待機している資金も高金利で運用することができます。

■大和ネクスト銀行のサービスの特徴

  • 大和証券との入出金手続きが不要
  • 高金利で待機資金を運用することが可能

一方で大和証券の100%子会社であるがゆえのデメリットもあります。

それは大和証券の口座開設をしないと大和ネクスト銀行の口座開設ができないことです。

■大和ネクスト銀行のデメリット

  • 大和証券の口座を開設しないと大和ネクスト銀行の口座を開設できない

便利なサービスを利用できるようになるのは良いですが、証券会社と銀行口座が両方必要な人よりも、銀行口座を必要としている人の方が当然ながら多いので、銀行口座のみを必要としている人にとっては不要な証券口座を開設する手間が必要になってしまいます。

大和証券は口座開設料金、口座維持料金はともに無料ですので、余分な費用がかかることはないので、気にならない人は口座開設してしまえば良いですが、不要な口座を開設することに抵抗がある人にとってはデメリットになってきます。

大和ネクスト銀行は大和証券の利用を前提として便利なサービスを提供しており、言い換えると大和証券を利用する人のための銀行です。

銀行と証券が並行してサービス提供がされている住信SBIネット銀行楽天銀行とは、大和ネクスト銀行と大和証券の関係は少し異なり、証券が上にあり銀行が下にある垂直の関係であるといえ、株主構成と同じですね。

株主構成を見ると、このようなサービスとの関係性も感じることができますので、気になる方はぜひ他の銀行の株主構成もチェックしてみてください。


本記事以外にも当サイトではネット銀行選びに役立つ情報や活用方法を紹介していますので、ぜひトップページから気になるページをご覧ください。



当サイトのおすすめネット銀行


logo-aeon
イオン銀行は預金金利が最強の銀行です。

クレジットカード機能付きのキャッシュカード「イオンカードセレクト」を持っている人だけの特典で、普通預金金利が0.1%上乗せ!
ネット銀行の中でもダントツに金利が高く、金利が高い銀行に預けたい人はイオン銀行がおすすめです。

リンク先はカードの申込ページですが、同時申込ができるのでイオンカードセレクトを紹介しています。
koushiki7
logo-sbi
住信SBIネット銀行は総合力が高く、誰にでもおすすめできるNo1ネット銀行です。

振込手数料ATM利用手数料はランクに応じてそれぞれ月に最大15回まで無料になります。

グループのSBI証券との連携サービスは株取引が便利になるだけでなく、普通預金金利がぐんとアップするメリットもあります。
koushiki2
ジャパンネット銀行はワンタイムパスワードを導入しておりセキュリティに強いネット銀行です。

日本初のネット専業銀行で、様々なサービスに対応しており、オークションやポイントサイトを利用している方には特におすすめ。

3万円以上の入出金は回数無制限でATM手数料が無料!
koushiki2


高金利の銀行を選んでメガバンクの120倍の金利を得る

マイナス金利といわれる今だからこそ、少しでも金利を高くするために銀行選びが重要になります。金利の差はわずかでも10年20年と経った時に大きな預金の差をつけることができますよ。

今は一番金利が高い銀行に預けることで普通預金金利をメガバンクの120倍も高くすることができます。お得になる金額は毎年100万円を預け続けると、10年で7万円弱、20年で25万円以上になります。

銀行サービスを研究している当サイトでも、今一番お得な情報だと考えています。

特に今メガバンクを利用している人はぜひ一度見てみてください。

預金金利を120倍にする方法を見る



サブコンテンツ

このページの先頭へ