楽天銀行の口座開設の流れ

公開日:2013年12月16日
最終更新日: 2014年6月11日


楽天銀行の口座開設までの流れ

口座開設もネットで申し込みしているネット銀行のうち、楽天銀行の口座開設までの流れを紹介します。

楽天銀行の口座開設までのステップは以下の通りです。

楽天銀行の口座開設までの流れ
・口座開設の申込
・本人確認
・初回ログインと初期設定

口座開設までの基本的な流れは他の銀行と同様ですが、一部楽天銀行独自の方法もあるため、順に見ていきましょう。


口座開設の申込

まずは楽天銀行の口座開設画面にアクセスをして、口座開設申込を選択しましょう。

申込方法は「楽天IDを利用して申し込む」と「楽天IDを利用しないで申し込む」の2種類があります。楽天銀行の申込は申込時に楽天IDを利用して申し込むか、楽天IDを利用せずに申し込むかを選択します。

楽天IDを利用することで、楽天IDに登録されている個人情報を銀行の申込情報として利用することができ、入力の手間を大幅に省略することができますので、楽天IDをお持ちの方は「楽天IDを利用して申込をする」を選択するようにしましょう。

申込方法を選択すると申込画面に進みますので、各画面の案内に従って必要事項を入力しましょう。

■画面イメージ
WS000003



記入が必要な項目の中に本人確認の方法という欄があります。これにより次の本人確認の方法が変わりますので、それぞれの方法を次で確認して自分にあった確認方法を選択しましょう。

■画面イメージ
WS000004

必要事項を入力した後はカードの選択画面になります。クレジットカード一体型のカードを発行することができますので、必要な方はクレジットカード一体型のカードを選択しましょう。

クレジットカード機能が不要な方は楽天銀行キャッシュカードを選択するようにしましょう。

■画面イメージ
WS000006

必要事項の入力が完了すると、入力内容の確認画面が表示されますので、間違いがないことを確認して口座申込ボタンを選択しましょう。

以上で口座開設申込は完了です。


本人確認

口座申込が完了したら、口座申込時に選択した本人確認の方法によって本人確認を行います。

本人確認の方法は2種類あり、郵送による方法とアプリによるアップロードの方法の2種類があります。

郵送による方法
郵送による本人確認は口座申込に従い楽天銀行から返信用封筒などの書類が届きますので、書類の案内に従い楽天銀行へ本人確認書類を返送します。

返送書類が届くまでに大体1~2週間、口座開設には返送をしてから大体1~2週間くらいかかるため、申込から口座開設までには2~4週間がかかることになります。

アプリによるアップロードの方法
アプリを利用することを選択した場合は、申込完了後に届くメールに記載されているURLからアプリをダウンロードして、アプリから本人確認書類をアップロードすることになります。アプリの案内に従い本人確認書類を撮影の上、アップロードします。

送信から2日~2週間程度で口座開設が完了します。お急ぎの方はこちらを選択するとよいでしょう。

以上で本人確認は完了で、確認が完了すると口座開設処理が始まり、完了すると楽天銀行から「Thankyouレター」という口座開設完了通知が送付されます。


初回ログインと初期設定

口座開設完了通知が届くと口座開設は完了していますが、利用するには初期設定をする必要があります。

口座開設完了通知の情報をもとに仮のID、パスワードを利用してログインをすると初期設定画面に進みますので、ユーザID、暗証番号、ワンタイム認証用のメールアドレス、パスワードなどを忘れた場合の秘密の質問の答えを「合言葉」としてそれぞれ登録します。

以上を登録すると初期設定が完了して、サービスを利用することができます。


口座開設完了

これで楽天銀行の口座開設手続きはすべて完了です。

楽天銀行は楽天IDを利用することで入力する項目を劇的に減らすことができますので、想像以上に手間なく口座開設手続きが完了します。

本人確認をアプリで行うことで郵送をこちらから送る必要はなくなるのでさらに簡単に早く口座開設することができます。


本記事以外にも当サイトではネット銀行選びに役立つ情報や活用方法を紹介していますので、ぜひトップページから気になるページをご覧ください。



当サイトのおすすめネット銀行


logo-aeon
イオン銀行は預金金利が最強の銀行です。

クレジットカード機能付きのキャッシュカード「イオンカードセレクト」を持っている人だけの特典で、普通預金金利が0.1%上乗せ!
ネット銀行の中でもダントツに金利が高く、金利が高い銀行に預けたい人はイオン銀行がおすすめです。

リンク先はカードの申込ページですが、同時申込ができるのでイオンカードセレクトを紹介しています。
koushiki7
logo-sbi
住信SBIネット銀行は総合力が高く、誰にでもおすすめできるNo1ネット銀行です。

振込手数料ATM利用手数料はランクに応じてそれぞれ月に最大15回まで無料になります。

グループのSBI証券との連携サービスは株取引が便利になるだけでなく、普通預金金利がぐんとアップするメリットもあります。
koushiki2
ジャパンネット銀行はワンタイムパスワードを導入しておりセキュリティに強いネット銀行です。

日本初のネット専業銀行で、様々なサービスに対応しており、オークションやポイントサイトを利用している方には特におすすめ。

3万円以上の入出金は回数無制限でATM手数料が無料!
koushiki2


高金利の銀行を選んでメガバンクの120倍の金利を得る

マイナス金利といわれる今だからこそ、少しでも金利を高くするために銀行選びが重要になります。金利の差はわずかでも10年20年と経った時に大きな預金の差をつけることができますよ。

今は一番金利が高い銀行に預けることで普通預金金利をメガバンクの120倍も高くすることができます。お得になる金額は毎年100万円を預け続けると、10年で7万円弱、20年で25万円以上になります。

銀行サービスを研究している当サイトでも、今一番お得な情報だと考えています。

特に今メガバンクを利用している人はぜひ一度見てみてください。

預金金利を120倍にする方法を見る



サブコンテンツ

このページの先頭へ