ネット銀行(インターネット専業銀行)のメリット、デメリット

公開日:2013年12月9日
最終更新日: 2014年11月3日

ネット銀行(インターネット専業銀行)とは?の記事で少し説明しましたが、店舗や窓口を持たないインターネット専業銀行はとても便利な金融機関であるといえますが、メリットとデメリットがありますので、それらを理解した上で利用するかどうか決めるとよいと思います。

そこで本記事ではネット専業銀行のメリットとデメリットについて順に説明していきたいと思います。


ネット専業銀行のメリット

まずはネット専業銀行のメリットを見ていきます。

ネット専業銀行のメリットには以下のものがあります。

ネット専業銀行のメリット

・24時間自宅のPCから銀行サービスを利用できる
・ATM手数料は多くが無料となる
・振込手数料が完全無料、条件付きで無料になる
・預金金利が高い

それぞれのメリットの内容について順に見ていきましょう。


24時間自宅のPCから銀行サービスを利用できる

ネット専業銀行最大の魅力は店舗やATMに行くことなく、銀行のサービスを受けることができる点です。

自宅のPCにインターネット環境があれば、振込や残高照会が可能になり、給料日後に銀行に並んで窓口で振込の依頼をするという面倒なことがまるでなくスムーズに取引が可能になります。

また、ネット専業銀行のWEBサイトは基本24時間利用することができるので、店舗の営業時間などを気にする必要がなく、忙しいビジネスマンや家を空けることのできない主婦の方にもぴったりのサービスであるといえます。


ATM手数料は多くが無料となる

また、ATM手数料が従来の銀行よりも有利な点がネット専業銀行の魅力の一つです。

ネット専業銀行における入出金は主にコンビニなどに設置されているATMを利用して行いますが、このATM利用料については無料としているネット専業銀行が多いです。

ATM手数料はメガバンクなどを利用していても、結局コンビニATMなどでおろす人が多く、月に何度か手数料を支払っている方が多くいます。

入出金でお金を取られるというのは本当にばからしく、ATM手数料が無料になるという点は大きな魅力であるといえます。


振込手数料が完全無料、条件付きで無料になる

また振込手数料についても従来の銀行より有利になっています。

同じ銀行であれば振込手数料が無料となる銀行は多いですが、ネット専業銀行は他行あての振込に関しても一定回数以内であれば無料としているところが多くあります。

入出金と並んで利用することの多い振込手数料が無料となると、家計にとって大きな節約になります。

入出金と振込手数料が無料になると、銀行に支払う手数料を完全に無料とすることもできます。


預金金利が高い

銀行預金の金利が高い点もネット専業銀行の魅力です。

都市銀行、地方銀行など一般的な銀行と比べると、普通預金、定期預金ともに比較的高い預金金利で安定して提供しているネット専業銀行がほとんどです。

それでも銀行預金の金利は資産運用とは言えないほど低いのが現状ですが、少しでも有利な条件の預金に預けておくことはこの低金利の時代でとても重要なことです。

以上の4点がネット専業銀行のメリットです。


ネット専業銀行のデメリット

続いて、ネット専業銀行のデメリットを見ていきます。

直接的なデメリットがないと思われる点についても、少し不安に思われる方が多いということでデメリットとして記載しています。

ネット専業銀行のデメリット

・店舗・通帳がない
・システムメンテナンス中は利用できない
・インターネット上の犯罪に巻き込まれる可能性がある
・ネットバンクが破綻・倒産した場合に不安

店舗・通帳がない

まずネット専業銀行と聞いて不安に思う点が店舗や通帳がないということでしょう。ただしこの点はあまりデメリットであるとは考える必要はないと思います。

店舗で銀行員の方にきめ細かなサービスを受けることはネット専業銀行ではできません。

しかし、私たちのような一般庶民が銀行の店舗でないと受けられないサービスはほとんどないと思います。

少なくとも振込や入出金程度しかしていなければネット専業銀行のサービスでまず不便はありません。むしろ時間や手間が節約できるので必ずしもデメリットであるとはいえません。


システムメンテナンス中は利用できない

次にネット専業銀行特有のデメリットですが、システムメンテナンスなどでWEBサイトやサービスが一部利用できない時間帯があります。

この点についても多くのネット専業銀行は影響が最小限となるように取引の少ない深夜帯などに短い時間でメンテナンスを行っているため、通常利用する際にはそこまで気になりません。

むしろメガバンクなどでもメンテナンスによりサービスを止めることがあり、この点については全銀行にあるデメリットでしょう。

メンテナンスの必要があり、サービスが一時でも止まる可能性があると理解しておきましょう。


インターネット上の犯罪に巻き込まれる可能性がある

ネット銀行を利用しているとインターネット特有の犯罪に巻き込まれる可能性があるという点も注意が必要です。

IDやパスワードを知られると誰であっても入出金や振込ができてしまうので、特に注意が必要です。

自分が注意していてもウイルスなどに感染すると、自動でIDやパスワードを盗み取られてしまうこともあります。

ネット専業銀行の中にはセキュリティに力を入れて、ワンタイムパスワードやIP制限をしている銀行もありますが、他のインターネットサービスと同様に自己責任の部分も大きいのでこの点は注意する必要があります。

従来の銀行と比較すると、メガバンクや地方銀行を利用していた場合でも詐欺などの別の犯罪に巻き込まれる可能性は大いにありますので、セキュリティの点に関しても同じといえるでしょう。


ネットバンクが破綻・倒産した場合に不安

大切なお金を預ける先なので、銀行は大手の安定しているところの方が安心という方も多いと思います。

ただ、ネット専業銀行の預金は預金保険制度の対象になります。

そのため、1,000万円を上限としてネット専業銀行の預金は万が一銀行が破たんしたとしても保証されますので安心です。

むしろ、メガバンクなどに1,000万円以上預けている方はネット専業銀行など別の銀行に預金を移しておいた方が安心です。

以上が、ネット専業銀行のデメリットです。

注意しなければいけない点はいくつかありますが、従来型の銀行と比較して大きなデメリットはないといえます。


まとめ

ネット専業銀行のメリットとデメリットを見てきました。

メリットについては金利や手数料などが有利という経済的なメリットと、自宅のPCの前で24時間サービスを受けられることで店舗に行く手間がなくなるという時間的なメリットがあり、非常に利便性が高いということがわかります。

一方で店舗や通帳がないことによる不安やIDやパスワードを盗まれるというインターネット犯罪への不安などネット専業銀行の利用にはインターネットを利用したサービス全般に言える不安という点が最も大きなデメリットとしてあります。

これらの点はネット銀行各社もセキュリティ関係を強化していますが、自己責任の面が大きいので自らパスワードの管理やセキュリティについても意識しておく必要があります。

しかし実はセキュリティに関しては店舗型の銀行であっても、詐欺やスキミングなど犯罪に巻き込まれる可能性はあり、セキュリティを意識していかないといけない点は同じです。

ネット専業銀行が従来型の銀行と比較してセキュリティに不安があるというよりは、注意すべき点が少し異なってくるととらえた方がよいかもしれません。

そのため当サイトではネット専業銀行を利用するメリットの方が大きいと考えています。

ネット専業銀行は非常に便利なサービスですので、ネット銀行のことを少し不安に思う方は、少額からなどルールを定めてまずは口座開設してみるとよいと思います。


本記事以外にも当サイトではネット銀行選びに役立つ情報や活用方法を紹介していますので、ぜひトップページから気になるページをご覧ください。



当サイトのおすすめネット銀行


logo-aeon
イオン銀行は預金金利が最強の銀行です。

クレジットカード機能付きのキャッシュカード「イオンカードセレクト」を持っている人だけの特典で、普通預金金利が0.1%上乗せ!
ネット銀行の中でもダントツに金利が高く、金利が高い銀行に預けたい人はイオン銀行がおすすめです。

リンク先はカードの申込ページですが、同時申込ができるのでイオンカードセレクトを紹介しています。
koushiki7
logo-sbi
住信SBIネット銀行は総合力が高く、誰にでもおすすめできるNo1ネット銀行です。

振込手数料ATM利用手数料はランクに応じてそれぞれ月に最大15回まで無料になります。

グループのSBI証券との連携サービスは株取引が便利になるだけでなく、普通預金金利がぐんとアップするメリットもあります。
koushiki2
ジャパンネット銀行はワンタイムパスワードを導入しておりセキュリティに強いネット銀行です。

日本初のネット専業銀行で、様々なサービスに対応しており、オークションやポイントサイトを利用している方には特におすすめ。

3万円以上の入出金は回数無制限でATM手数料が無料!
koushiki2


高金利の銀行を選んでメガバンクの120倍の金利を得る

マイナス金利といわれる今だからこそ、少しでも金利を高くするために銀行選びが重要になります。金利の差はわずかでも10年20年と経った時に大きな預金の差をつけることができますよ。

今は一番金利が高い銀行に預けることで普通預金金利をメガバンクの120倍も高くすることができます。お得になる金額は毎年100万円を預け続けると、10年で7万円弱、20年で25万円以上になります。

銀行サービスを研究している当サイトでも、今一番お得な情報だと考えています。

特に今メガバンクを利用している人はぜひ一度見てみてください。

預金金利を120倍にする方法を見る



サブコンテンツ

このページの先頭へ