ネット銀行(インターネット専業銀行)のサービスの特徴と利用する際の注意点

公開日:2013年12月9日
最終更新日: 2014年11月3日

ネット銀行(インタネット専業銀行)とは、一般の銀行とは異なり、店舗や窓口を持たずにインターネットを活用して、振込や入出金、残高照会などの銀行サービスを提供する新しい形態の銀行のことです。

入出金以外のサービスはすべてWEB上で完結し、入出金についてはコンビニなどのATMで行うことで店舗を構えずに銀行のサービスを提供しています。

  • ネット銀行とは、店舗や窓口を持たずにインターネットを活用して、振込や入出金、残高照会などができる銀行

店舗を持たずにローコストで運営できることで、金利や振込手数料、入出金手数料などが有利な点が特徴で、近年その利便性の高さから利用者が急増しています。

旧来の銀行もインターネットを利用したサービスの提供を強化しており、オンラインバンキングと称して銀行サービスをインターネット経由で提供しています。ネット専業銀行、オンラインバンキングなどの違いはこちらの記事をご覧ください。

主なネット専業銀行は住信SBIネット銀行楽天銀行ジャパンネット銀行などがあります。


ネット専業銀行のサービスの特徴

■ネット専業銀行のサービスの特徴

  • 通帳がない
  • 振込手数料やATMでの入出金手数料が安い
  • 各種サービスをネット上(自宅)で受けられる
  • 24時間サービスを利用することができる

ネット専業銀行では取引履歴などをWEB上で確認できるため、通帳がありません。通帳がないというと、従来の銀行を利用していた方にとっては不安に感じるかもしれませんが、通帳は結局取引履歴の確認のためにあるので不都合はありません。

以前は銀行の通帳を提出が必要な場面もありましたが、現在ではキャッシュカードなどで銀行口座の証明や情報は十分ですので、思っている以上に銀行通帳が不要だとわかります。

むしろ、通帳の記帳のために銀行の店舗に通っている方も多いと思いますが、記帳をしなくてもWEB上で銀行の取引履歴を見ることができるので記帳をする必要がなくなり、メリットとさえいえます。

それ以上に振込手数料やATMでの入出金手数料が無料になるメリットは大きいです。

ネット銀行を利用し始めるとわかりますが、私たち一般庶民のレベルであれば、銀行の店舗に行く必要はありません。

銀行の店舗で行うことが通帳の記帳、給料日の入出金、残高の確認、振込というような方であれば、それらが自宅でできた方が便利ですよね?

逆にいうと、これらのサービスがWEB上でできる時、店舗でのみ受けられるサービスとは何でしょうか?

あるのは丁寧な説明くらいだと思います。

(もちろん、高度なサービスを受ける際には店舗で銀行員の方に説明してもらう方が良いこともあると思います。)

むしろ店舗でサービスを受けることで店舗に行く手間や時間かかることが気になります。

  • ネット銀行を利用することで、店舗に行く時間や待ち時間を節約することができる。

店舗では窓口がいつも開いているわけではないので待ち時間があります。当然営業時間があるので、いっても営業していない時もあります。

営業時間の問題以外は銀行が24時間営業にしたとしても発生するデメリットですが、ネット専業銀行のサービスであれば、自宅のPCの前で好きな時に銀行のサービスを受けることができます。

このように店舗に行かなくても銀行を利用することができる利便性のメリットとATMや振込手数料が無料になるなどの経済的メリットが大きく、ネット専業銀行が多くの人に選ばれています。

現在、普通の銀行のみを利用しているという方は、ネット専業銀行を利用することで多くの特典を得ることができますので、検討をおすすめします。


ネット銀行を利用する際に注意したいこと

便利なネット銀行ですが、利用する際には不正利用に注意して利用する必要があります。

  • オンラインバンキングを利用する場合は「不正利用」に注意して、セキュリティに気を使う

ネット銀行をはじめとしたオンラインバンキングの普及に伴い、近年ネット上で不正に資金を移動させたり引き出したりする、オンラインバンキングの不正利用が急増しています。

メールで偽物のサイトに誘導してパスワードを入力させるいわゆる「フィッシングサイト」や、ウイルスでPCを乗っ取りパスワードなどを盗み取られる「スパイウェア」による被害など、不正利用の手口は様々ではありますが、リアルの銀行を利用する上ではなかった危険があるのは間違いありません。

ネットの世界では自己責任が原則ですので、自分で情報を管理してセキュリティに気をつける必要があります。

ネット銀行でも不正利用を防ぐためのサービスを提供している銀行がありますので、そのような銀行を優先的に選ぶなど、不正利用に対する備えはネット銀行を利用する上では注意したい点であるといえます。


本記事以外にも当サイトではネット銀行選びに役立つ情報や活用方法を紹介していますので、ぜひトップページから気になるページをご覧ください。



当サイトのおすすめネット銀行


logo-aeon
イオン銀行は預金金利が最強の銀行です。

クレジットカード機能付きのキャッシュカード「イオンカードセレクト」を持っている人だけの特典で、普通預金金利が0.1%上乗せ!
ネット銀行の中でもダントツに金利が高く、金利が高い銀行に預けたい人はイオン銀行がおすすめです。

リンク先はカードの申込ページですが、同時申込ができるのでイオンカードセレクトを紹介しています。
koushiki7
logo-sbi
住信SBIネット銀行は総合力が高く、誰にでもおすすめできるNo1ネット銀行です。

振込手数料ATM利用手数料はランクに応じてそれぞれ月に最大15回まで無料になります。

グループのSBI証券との連携サービスは株取引が便利になるだけでなく、普通預金金利がぐんとアップするメリットもあります。
koushiki2
ジャパンネット銀行はワンタイムパスワードを導入しておりセキュリティに強いネット銀行です。

日本初のネット専業銀行で、様々なサービスに対応しており、オークションやポイントサイトを利用している方には特におすすめ。

3万円以上の入出金は回数無制限でATM手数料が無料!
koushiki2


高金利の銀行を選んでメガバンクの120倍の金利を得る

マイナス金利といわれる今だからこそ、少しでも金利を高くするために銀行選びが重要になります。金利の差はわずかでも10年20年と経った時に大きな預金の差をつけることができますよ。

今は一番金利が高い銀行に預けることで普通預金金利をメガバンクの120倍も高くすることができます。お得になる金額は毎年100万円を預け続けると、10年で7万円弱、20年で25万円以上になります。

銀行サービスを研究している当サイトでも、今一番お得な情報だと考えています。

特に今メガバンクを利用している人はぜひ一度見てみてください。

預金金利を120倍にする方法を見る



サブコンテンツ

このページの先頭へ