オンラインバンキングでは不正利用から自分で身を守る

公開日:2013年12月9日
最終更新日: 2014年11月4日

ネット専業銀行やその他の銀行のオンラインバンキングサービスにおいて、IDやパスワードを盗まれ不正に利用されるという事件が発生しています。

オンラインバンキングやネット専業銀行のサービスを利用する場合は他のネットサービス同様に自己責任となりますので、オンラインバンキングサービスを利用する場合は不正利用に対して自分の身を自分で守る必要があります。


オンラインバンキングで不正利用から自分の身を守るステップ

不正利用から身を守る方法はいくつかあるためステップに分けて見ていきたいと思います。

不正利用から身を守るステップは以下の通りです。

  1. 銀行のセキュリティサービスを知り、活用する
  2. 最近起きている事例を知り、対策を守る
  3. 自分のPCはセキュリティソフトで守る
  4. パスワードを慎重に管理する

それでは各ステップの内容を順に見ていきたいと思います。


銀行のセキュリティサービスを知り、活用する

まずは銀行のセキュリティサービスを知る必要があります。

ネット専業銀行、オンラインバンキングを提供している銀行ともにセキュリティについては強化しており、利用するIPを制限したり、パスワードの利用を1度きりとする「ワンタイムパスワード」など各社それぞれの取り組みを行っています。

各ネット銀行のセキュリティサービスについては別の記事で比較していますので参考にしていただき、その銀行の口座を開設された際はぜひセキュリティサービスは活用するようにしましょう。


最近起きている事例を知り、対策を守る

また、各ネット銀行のWEBサイトで最新の手口や事例を見ておくことも重要です。

現在各社のWEBサイトではトップページなどに注意喚起ページへのリンクが用意されています。

例:住信SBIネット銀行のWEBサイト
WS000319

各社のホームページ上では最新の事例から私たちが注意すべき点も掲載されていますので参考にして対策をしておきましょう。


自分のPCはセキュリティソフトで守る

また、パスワードを盗まれる原因として多いのは普段使用しているPCがウイルスに感染してパスワードを盗み取られてしまうことです。

ウイルスについては怪しいサイトやリンクはクリックしないなど基本的な対応は必要ですが、それとともにセキュリティソフトは必ず入れておくことをおすすめします。

PC上で金融機関を利用する場合は必須であるといえます。


パスワードを慎重に管理する

パスワードの管理も自分でできる不正利用対策として有効なものです。

類推されづらいパスワードに設定する
誕生日や同じ数字の羅列は避けるなど、パスワードには類推されづらいものにするということが重要です。単純に英字数字を組み合わせたり、大文字小文字を混ぜるだけでも少しは効果があります。

定期的にパスワードを変更する
パスワード管理という観点では定期的にパスワードを変更しておくということも必須の対応であるといえます。

外部サービスにパスワードを登録しない
また、最近では金融機関のID、パスワードを登録しておき1つの画面で閲覧することができるアカウントアグリゲーションサービスと呼ばれるサービスも普及していますが、これらは金融機関が推奨しているサービスではありません。管理している会社が必ず安心できるという場合以外は使用すべきではないでしょう。

特にベンチャー企業などが提供している場合は情報管理や意識は金融機関並みであるとは思えないので、特に注意する必要があるでしょう。

ブラウザやローカルにパスワードを保存しておかない
PCが盗まれたりウイルスに感染した場合にブラウザやローカルのわかりやすい場所にパスワード情報を保存しておくと、PCが盗まれた時点でアウトになります。

そのため自宅、外出先問わずPCにロックをかけるのはもちろんですが、ブラウザやローカルにパスワードを保存するのは避けましょう。

多くのID、パスワードを管理することになり、不便ではありますが、被害にあってからでは遅く本当に危険なので利便性とセキュリティのバランスを考慮するようにしましょう。


本記事以外にも当サイトではネット銀行選びに役立つ情報や活用方法を紹介していますので、ぜひトップページから気になるページをご覧ください。



当サイトのおすすめネット銀行


logo-aeon
イオン銀行は預金金利が最強の銀行です。

クレジットカード機能付きのキャッシュカード「イオンカードセレクト」を持っている人だけの特典で、普通預金金利が0.1%上乗せ!
ネット銀行の中でもダントツに金利が高く、金利が高い銀行に預けたい人はイオン銀行がおすすめです。

リンク先はカードの申込ページですが、同時申込ができるのでイオンカードセレクトを紹介しています。
koushiki7
logo-sbi
住信SBIネット銀行は総合力が高く、誰にでもおすすめできるNo1ネット銀行です。

振込手数料ATM利用手数料はランクに応じてそれぞれ月に最大15回まで無料になります。

グループのSBI証券との連携サービスは株取引が便利になるだけでなく、普通預金金利がぐんとアップするメリットもあります。
koushiki2
ジャパンネット銀行はワンタイムパスワードを導入しておりセキュリティに強いネット銀行です。

日本初のネット専業銀行で、様々なサービスに対応しており、オークションやポイントサイトを利用している方には特におすすめ。

3万円以上の入出金は回数無制限でATM手数料が無料!
koushiki2


高金利の銀行を選んでメガバンクの120倍の金利を得る

マイナス金利といわれる今だからこそ、少しでも金利を高くするために銀行選びが重要になります。金利の差はわずかでも10年20年と経った時に大きな預金の差をつけることができますよ。

今は一番金利が高い銀行に預けることで普通預金金利をメガバンクの120倍も高くすることができます。お得になる金額は毎年100万円を預け続けると、10年で7万円弱、20年で25万円以上になります。

銀行サービスを研究している当サイトでも、今一番お得な情報だと考えています。

特に今メガバンクを利用している人はぜひ一度見てみてください。

預金金利を120倍にする方法を見る



サブコンテンツ

このページの先頭へ