振込手数料が無料!ネット銀行の振込サービス

公開日:2013年12月11日
最終更新日: 2014年11月3日

ネット銀行の経済的メリットとして最も大きいのが格安の振込手数料とほぼ無料と言ってもよいATM手数料でしょう。

ここではそのうちの一つ、ネット銀行の振込のサービスと振込手数料について説明していきたいと思います。

ネット銀行の振込手数料は格安

ネット銀行の振込手数料は格安に設定されていて、多くのネット銀行は自行宛の振込み手数料は無料としていて、他行宛については銀行によって異なりますが一定回数までは無料というところが多いです。

かなりお得なので、振込が多い方は振込手数料の節約だけでもかなり得することができますね。

中でも住信SBIネット銀行楽天銀行、大和ネクスト銀行は他行宛の振込手数料が無料となる回数が多いので、振込手数料重視の方にはおすすめです。

■主要なネット銀行の振込手数料と無料条件一覧

銀行名 振込手数料
(自行宛)
振込手数料
(他行宛)
無料条件
住信SBIネット銀行 無料 150円 毎月3回まで無料
ソニー銀行 無料 210円 毎月1回まで無料
(キャッシュバック)
楽天銀行 無料 3万円未満:160円
3万円未満:250円
資産残高、サービス利用状況により毎月3回まで無料
ジャパンネット銀行 52円 3万円未満:168円
3万円未満:262円
なし
新生銀行
(スタンダード)
無料 300円 毎月1回まで無料
大和ネクスト銀行 無料 本人名義:無料
他人名義:210円
毎月3回まで無料


ネット銀行の振込サービスについて

格安の振込手数料のほかにネット銀行では振込が便利になる振込サービスを提供しています。

代表的なものには以下があります。

主なネット銀行の振込サービス
・振込予約(日付指定)
・振込先登録サービス
・自動振込サービス
・メルマネ


振込予約(日付指定)

振込予約は期日を指定してその日に振込をしてくれる機能です。先の日付を指定することができて、振込手数料も通常の振込手数料と同じで対応しています。

特定の日に振込をしたいという方に便利なサービスですね。


振込先登録サービス

振込先登録サービスは良く振込をする人の振込先の口座情報を登録することができるサービスです。面倒な口座情報の登録を省略することができます。

通常の振込をしたときも、振込先を登録するかどうかを聞いてくるので一度振込をした人には次から簡単操作で振込をすることができます。


自動振込サービス

自動振込サービスは毎月の同じ日に登録された口座に登録された金額の振込を自動的に行ってくれるサービスです。

振込を行う毎月の日、口座、金額を登録することで毎月振込を実行してくれます。毎月同じ相手に支払いをしているケースなどに便利です。


メルマネ(かんたん振込)

メルマネは楽天銀行が提供している簡単に振込を行うことができるサービスで、振込の際に口座番号でなく、メールアドレスとカナ氏名を登録するだけで振込を行うことが出来るというサービスです。

振込を行うことで登録したメールアドレス宛にメールが飛び、メールのURLから振込先の方に口座情報を登録してもらうと振込が完了します。

口座情報がわからない時、オークションなどで教えたくない時やメッセージを添えて振込をしたい場合に重宝するサービスです。

手数料も他行宛振込手数料より安いので大変お得です。


まとめ

ネット銀行の振込手数料および振込サービスについて見てきました。

手数料は格安でお得、振込サービスも便利なものが多いので使いこなすと店舗型の銀行よりも色々なことができるようになります。

振込だけでもネット銀行を利用する価値があると思います。

なお、今回紹介した振込サービスはすべてのネット銀行で提供しているわけではないので、詳細はネット銀行のサービス比較を確認してください。


本記事以外にも当サイトではネット銀行選びに役立つ情報や活用方法を紹介していますので、ぜひトップページから気になるページをご覧ください。



当サイトのおすすめネット銀行


logo-aeon
イオン銀行は預金金利が最強の銀行です。

クレジットカード機能付きのキャッシュカード「イオンカードセレクト」を持っている人だけの特典で、普通預金金利が0.1%上乗せ!
ネット銀行の中でもダントツに金利が高く、金利が高い銀行に預けたい人はイオン銀行がおすすめです。

リンク先はカードの申込ページですが、同時申込ができるのでイオンカードセレクトを紹介しています。
koushiki7
logo-sbi
住信SBIネット銀行は総合力が高く、誰にでもおすすめできるNo1ネット銀行です。

振込手数料ATM利用手数料はランクに応じてそれぞれ月に最大15回まで無料になります。

グループのSBI証券との連携サービスは株取引が便利になるだけでなく、普通預金金利がぐんとアップするメリットもあります。
koushiki2
ジャパンネット銀行はワンタイムパスワードを導入しておりセキュリティに強いネット銀行です。

日本初のネット専業銀行で、様々なサービスに対応しており、オークションやポイントサイトを利用している方には特におすすめ。

3万円以上の入出金は回数無制限でATM手数料が無料!
koushiki2


高金利の銀行を選んでメガバンクの120倍の金利を得る

マイナス金利といわれる今だからこそ、少しでも金利を高くするために銀行選びが重要になります。金利の差はわずかでも10年20年と経った時に大きな預金の差をつけることができますよ。

今は一番金利が高い銀行に預けることで普通預金金利をメガバンクの120倍も高くすることができます。お得になる金額は毎年100万円を預け続けると、10年で7万円弱、20年で25万円以上になります。

銀行サービスを研究している当サイトでも、今一番お得な情報だと考えています。

特に今メガバンクを利用している人はぜひ一度見てみてください。

預金金利を120倍にする方法を見る



サブコンテンツ

このページの先頭へ