ネット銀行を使うことのリスクと4つの注意点

公開日:2013年12月13日
最終更新日: 2014年11月4日

ネット銀行には支店や窓口がないので、対面でサービスを受けることがありません。

人が介さないことによって低コストを実現しているのですが、銀行員の方がいないということは自分の身は自分で守らないといけないのでネット銀行を利用する際には危機管理意識が重要になってきます。

当サイトで考える注意点をあげさせていただきますので、参考にしていただき安全にネット銀行を利用していきましょう。


ネット銀行を利用する上での注意点

ネット銀行を利用する上での注意点は以下の通りです。

  • パスワードを忘れないようにする
  • 公共の場・共有のPCでは利用しない
  • 公式サイトはブックマークしておく
  • メールサービスを利用する

いずれも基本的なことばかりですが、うっかりしているととんでもないトラブルに巻き込まれてしまいますので必ず守りたい4点です。それでは順に内容を見ていきましょう。


パスワードを忘れないようにする

ネット銀行のパスワードはログイン用、取引用などいくつかのパスワードがあり、対応したサービスを利用する場合にはそれぞれのパスワードが必要になります。

そのため複数のパスワードを管理する必要があり、ログインIDや口座番号、登録メールアドレスや情報を忘れた際にする秘密の質問などを含めると覚えておかないといけないことがたくさんあります。

一方で、パスワードは他人に盗まれたり類推されてしまうと大変なトラブルに巻き込まれることがあるため、誕生日や単純な数字の羅列など簡単に想像ができるものではいけません。また管理を徹底する必要があります。

PCではなく、メモ帳にメモをして他人の目が触れない場所に保管するなど、他人に分からず、かつ忘れないようにする工夫が必要になります。


公共の場・共有のPCでは利用しない

公共の場や共有のPCでは利用してはいけません。

最近のPCやブラウザは一度入力したIDやパスワードを記憶する機能があるため、知らず知らずのうちにパスワードが他人に分かってしまう可能性があるためです。

また、漫画喫茶などのPCはウイルスなどに感染している可能性もありますので、とにかく他人と共有しているPCではネット銀行など金融機関の情報を入力しないことが基本中の基本になります。

ネット銀行の中には特定のIPアドレスからのみアクセスを許可するように設定することもできるので、事前に設定しておくのも良いですね。


公式サイトはブックマークしておく

公式サイトはブックマーク(お気に入り登録)しておくことがおすすめです。

最近、ネット銀行に限らず銀行のサイトを装ったサイトが存在していて、見た目上はわからないのですが、ログインすることでログインの際に必要な情報をとられ不正利用にあうという事件が頻発しています。

各銀行サイトでも注意喚起をしていますが、こういったサイトの被害にあう多くの方が検索エンジン経由で銀行のWEBサイトを何となく見つけてログインしてしまうというものです。

防ぐには絶対に公式サイトだとわかる時にブックマーク登録をしておき、次からはブックマークからアクセスすることで不正サイトに入ってしまうというリスクは最小限になります。

近年、不正サイトの手口は多様化、高度化していますので、最新の注意を払う必要があります。


メールサービスを利用する

最後に銀行のメールサービスを利用することで不正利用などを早期発見することができます。

ネット銀行各社は特定のアクション(出金や入金などがあった場合)に登録メールアドレスにメールを配信するサービスを提供しています。

このサービスを利用しておくことで覚えのない出金があった場合に素早く気づくことができ、それが被害拡大を押さえることになりますので、銀行のメール通知サービスはぜひ利用しておきたいところです。

各ネット銀行のセキュリティサービスの対応状況は以下の記事でまとめています。


まとめ

ネット銀行を使うことのリスクと注意点を見てきました。

普通の銀行でもそうですが、ネット銀行でも未然に防げるリスクがあります。

ネットサービスを利用していると常識的なことではありますが、意外にやってしまっていることもあるので、セキュリティについては定期的に見直し、不正利用に備えるという姿勢が重要になります。

怖いことばかり書きましたが、基本を守っていれば便利で快適に利用できるサービスですので、押さえるところは押さえて便利にネット銀行を活用しましょう。

その他の不正利用への対策についてもこちらに記事を書いていますので参考にしてください。

オンラインバンキングでは不正利用から自分で身を守る


本記事以外にも当サイトではネット銀行選びに役立つ情報や活用方法を紹介していますので、ぜひトップページから気になるページをご覧ください。



当サイトのおすすめネット銀行


logo-aeon
イオン銀行は預金金利が最強の銀行です。

クレジットカード機能付きのキャッシュカード「イオンカードセレクト」を持っている人だけの特典で、普通預金金利が0.1%上乗せ!
ネット銀行の中でもダントツに金利が高く、金利が高い銀行に預けたい人はイオン銀行がおすすめです。

リンク先はカードの申込ページですが、同時申込ができるのでイオンカードセレクトを紹介しています。
koushiki7
logo-sbi
住信SBIネット銀行は総合力が高く、誰にでもおすすめできるNo1ネット銀行です。

振込手数料ATM利用手数料はランクに応じてそれぞれ月に最大15回まで無料になります。

グループのSBI証券との連携サービスは株取引が便利になるだけでなく、普通預金金利がぐんとアップするメリットもあります。
koushiki2
ジャパンネット銀行はワンタイムパスワードを導入しておりセキュリティに強いネット銀行です。

日本初のネット専業銀行で、様々なサービスに対応しており、オークションやポイントサイトを利用している方には特におすすめ。

3万円以上の入出金は回数無制限でATM手数料が無料!
koushiki2


高金利の銀行を選んでメガバンクの120倍の金利を得る

マイナス金利といわれる今だからこそ、少しでも金利を高くするために銀行選びが重要になります。金利の差はわずかでも10年20年と経った時に大きな預金の差をつけることができますよ。

今は一番金利が高い銀行に預けることで普通預金金利をメガバンクの120倍も高くすることができます。お得になる金額は毎年100万円を預け続けると、10年で7万円弱、20年で25万円以上になります。

銀行サービスを研究している当サイトでも、今一番お得な情報だと考えています。

特に今メガバンクを利用している人はぜひ一度見てみてください。

預金金利を120倍にする方法を見る



サブコンテンツ

このページの先頭へ