2014年の年代別サラリーマンのお小遣い額とお小遣い額の推移

公開日:2014年7月2日

新生銀行が発表した「2014年 サラリーマンのお小遣い調査結果」によると、サラリーマンの平均小遣い額は39,572円となり、前年比1,115円増加し、2年ぶりに増加となりました。

増加はしたものの、リーマンショック前の2008年は45,825円でしたので、リーマンショック前の水準にはまだ遠い状況です。

1979年の調査開始以降から見ても4番目に低い水準で、まだまだ改善の途中という状況のようです。

■平均お小遣い額の推移
okodukai2

本記事では、サラリーマンの方の年代別のお小遣い額など調査の詳細を見ていきたいと思います。

年代別のお小遣い額は?

年代別のお小遣いは以下の通りです。

■年代別のお小遣い(昼食代含む)

年代 金額 前年比
全体 39,572円 +1,115円
20代 37,865円 -615円
30代 37,145円 +52円
40代 41,170円 +4,246円
50代 42,110円 +779円

年代別に見ると、40代が41,170円で前年比4,246円増加、50代が42,110円で779円の増加と、全体のお小遣い額の増加に貢献しています。

一方で、20代はお小遣い額が37,865円で前年比615円の減少となっており、世代間でお小遣い額の金額および前年からの増減に差があることがわかります。

2013年はアベノミクスという言葉が流行語になり、株価の上昇があった年でしたが、全体的に見ると若年世代にはその恩恵はほとんどなかったといえそうです。

お小遣いがアップした人の中で、昇給があった人は74.3%で、給料が下がった人は0%という結果でした。

逆に、お小遣いがダウンした人の中で昇給があった人は14.3%、給料が下がった人は27.8%でした。

okodukai1

これを見ると、当たり前ですが、給料が下がっていてはお小遣いは上がりません。

逆に給料が上がってもお小遣いが必ず上がるというわけではなく、下がるということもあるようです。

なかなか厳しく理不尽なサラリーマンのお小遣い事情ですね。。


お小遣いの使い道は?

お小遣いの使い道はのトップ3は、昼食代、飲み代、趣味の費用となっているようです。

それぞれ年代別に見ると以下の通りです。

■年代別の昼食代、飲み代、趣味の費用

年代 昼食代 飲み代 趣味の費用
全体 11,302円 14,642円 12,801円
20代 10,435円 11,737円 10,855円
30代 10,368円 12,289円 12,623円
40代 13,559円 16,414円 13,063円
50代 10,822円 17,646円 14,327円

昼食代は全体で11,302円となっていて、1日あたり541円と前年比23円増加しています。

500円に消費税分くらいの金額で食べているようですね。かなり節約されているという印象です。

飲み代は全体平均14,642円で一回あたりの飲み代が3,483円となっていますので、月に2.4回飲みに行っているようです。

これは平均ですので、実際は個人差が結構あると思われますね。

とはいえ、平均として見てもかなりやりくりが必要なお財布事情ではないかと、容易に想像がつきます。


お財布は厳しくなるばかりで、今後どうしたらよいの?

2013年のサラリーマンのお小遣い事情を見てきました。

前年よりは増加しているものの、まだまだ低い水準で景気回復はしていないという私たちの感覚と、そう遠くない結果が出たと感じます。

さらに、今後は消費税のさらなる増税、物価上昇のダブルパンチが待っているので、生活は苦しくなる一方です。

そのように家計が苦しくなる人にはネット銀行が大きな味方になります。

今メガバンクを利用している人であれば、ネット銀行を活用することで、振込、ATM手数料や預金金利で月に数百円、数千円得することも決して難しくありません。

まだメガバンクを利用しているという方は、お財布代わりの銀行についてはネット銀行を活用することを検討されてみると良いと思います。


本記事以外にも当サイトではネット銀行選びに役立つ情報や活用方法を紹介していますので、ぜひトップページから気になるページをご覧ください。



当サイトのおすすめネット銀行


logo-aeon
イオン銀行は預金金利が最強の銀行です。

クレジットカード機能付きのキャッシュカード「イオンカードセレクト」を持っている人だけの特典で、普通預金金利が0.1%上乗せ!
ネット銀行の中でもダントツに金利が高く、金利が高い銀行に預けたい人はイオン銀行がおすすめです。

リンク先はカードの申込ページですが、同時申込ができるのでイオンカードセレクトを紹介しています。
koushiki7
logo-sbi
住信SBIネット銀行は総合力が高く、誰にでもおすすめできるNo1ネット銀行です。

振込手数料ATM利用手数料はランクに応じてそれぞれ月に最大15回まで無料になります。

グループのSBI証券との連携サービスは株取引が便利になるだけでなく、普通預金金利がぐんとアップするメリットもあります。
koushiki2
ジャパンネット銀行はワンタイムパスワードを導入しておりセキュリティに強いネット銀行です。

日本初のネット専業銀行で、様々なサービスに対応しており、オークションやポイントサイトを利用している方には特におすすめ。

3万円以上の入出金は回数無制限でATM手数料が無料!
koushiki2


高金利の銀行を選んでメガバンクの120倍の金利を得る

マイナス金利といわれる今だからこそ、少しでも金利を高くするために銀行選びが重要になります。金利の差はわずかでも10年20年と経った時に大きな預金の差をつけることができますよ。

今は一番金利が高い銀行に預けることで普通預金金利をメガバンクの120倍も高くすることができます。お得になる金額は毎年100万円を預け続けると、10年で7万円弱、20年で25万円以上になります。

銀行サービスを研究している当サイトでも、今一番お得な情報だと考えています。

特に今メガバンクを利用している人はぜひ一度見てみてください。

預金金利を120倍にする方法を見る



サブコンテンツ

このページの先頭へ