1,000円未満の預金を、ネット銀行を活用して手数料無料でATMから引き出す方法

公開日:2014年7月9日

銀行口座に預けているお金を引き出す場合、銀行の窓口とATMで引き出す方法があります。

ネット銀行を利用している方はATMから引き出す場合がほとんどですが、ATMの最低出金額は1,000円ですので、通常1,000円未満の預金をATMから引き出すことはできません。

そこで、1,000円未満であっても無駄にしたくない、使いたいという方向けに、ネット銀行を活用して1,000円未満の預金を引き出す方法を紹介します。


1,000円未満の預金を手数料無料でATMから引き出す方法

結論から言うと、1,000円未満の預金は、一つの銀行口座に集約して1,000円以上にすることで引き出しができます。

■1,000円未満の預金を手数料無料でATMから引き出す方法

  • 1,000円未満の預金は、一つの銀行口座に集約して1,000円以上にすることでATMから引き出す

一つの口座に集約しようとすると、口座間で振り込みをする必要がありますが、メガバンクなど多くの銀行では他行宛の振込には105円から315円程度の手数料がかかります。

1,000円を引き出すのに300円以上も手数料を払うのはばからしいですし、手数料を差し引いた結果、残高が1,000円を下回り引き出しができなくなってしまうかもしれません。

ですので、振込手数料無料のネット銀行を活用して無料で一つの口座に集約させることで、引き出しが可能になります。

例えば・・住信SBIネット銀行ソニー銀行にそれぞれ500円ずつ残高がある場合は、住信SBIネット銀行からソニー銀行の自分名義の口座へ500円の振込をすることで、ソニー銀行の残高が1,000円となり、ATMから引き出しが可能になります。

多くのネット銀行では一定回数振込手数料が無料になったり、ATM手数料が無料になったりします。

例えば、住信SBIネット銀行では毎月3回まで他行宛の振込手数料が無料になりますし、ATM手数料はセブン銀行ATMは無制限で無料、その他のATMについても毎月5回まで手数料無料で出金が可能になっています。

無料利用回数を使用したくないという方は、ATM利用手数料が無料になる平日の昼間などの時間帯を狙って出金をすると手数料無料で出金が可能です。

ATM手数料を無料にする方法は以下の記事で詳しく紹介していますので、気になる方はぜひ参考にしてください。

これら「振込手数料が無料になるネット銀行」を活用することで、「手数料無料」で1,000円以下の預金を引き出すことが可能になります。


メガバンクの口座がある場合は窓口で出金するという手もある

メガバンクなど、店舗をもっている銀行の口座を持っている場合は、メガバンクに振込をした後に窓口で出金をすることもできます。

■メガバンクの口座がある場合

  • メガバンク等の口座がある場合は、メガバンクに振込をした後に窓口で出金をする

窓口での出金は手数料無料で1,000円以下も出金できるので、残高が1,000円以下でも出金ができることになります。

もともとネット銀行に残高がある場合は、上述した通り振込手数料の無料枠を活用して、メガバンクの口座に振込をすれば、手数料無料で引き出しをすることができることになります。


まとめ

ネット銀行を活用して、1,000円未満の預金を手数料無料で出金する方法を紹介しました。

ATMでの出金にこだわるなら、一つの銀行口座にお金を集めることで引き出しが可能になります。

ATMでの出金にこだわらないなら、メガバンクなど窓口での出金が可能な銀行口座に振込をすることでも、手数料無料で引き出しが可能になります。

いずれの方法でも、振込手数料が無料になるネット銀行でないと実現することができない方法です。

ネット銀行の口座開設を検討する際に、1,000円以下の預金も引き出す必要があるかもしれないという方は、振込手数料の無料回数があるネット銀行に口座開設しておくことをおすすめします。

最も振込手数料の無料利用回数が多いのは、毎月3回まで無料になる住信SBIネット銀行です。

  • 1,000円未満の預金は、一つの銀行口座に集約して1,000円以上にすることでATMから引き出す
  • ネット銀行から窓口出金が可能な銀行に振込をして、窓口から出金をしても手数料無料で引き出せる
  • いずれの方法も、振込手数料が無料になるネット銀行を活用することで、1,000円未満の預金を引き出せる


本記事以外にも当サイトではネット銀行選びに役立つ情報や活用方法を紹介していますので、ぜひトップページから気になるページをご覧ください。



当サイトのおすすめネット銀行


logo-aeon
イオン銀行は預金金利が最強の銀行です。

クレジットカード機能付きのキャッシュカード「イオンカードセレクト」を持っている人だけの特典で、普通預金金利が0.1%上乗せ!
ネット銀行の中でもダントツに金利が高く、金利が高い銀行に預けたい人はイオン銀行がおすすめです。

リンク先はカードの申込ページですが、同時申込ができるのでイオンカードセレクトを紹介しています。
koushiki7
logo-sbi
住信SBIネット銀行は総合力が高く、誰にでもおすすめできるNo1ネット銀行です。

振込手数料ATM利用手数料はランクに応じてそれぞれ月に最大15回まで無料になります。

グループのSBI証券との連携サービスは株取引が便利になるだけでなく、普通預金金利がぐんとアップするメリットもあります。
koushiki2
ジャパンネット銀行はワンタイムパスワードを導入しておりセキュリティに強いネット銀行です。

日本初のネット専業銀行で、様々なサービスに対応しており、オークションやポイントサイトを利用している方には特におすすめ。

3万円以上の入出金は回数無制限でATM手数料が無料!
koushiki2


高金利の銀行を選んでメガバンクの120倍の金利を得る

マイナス金利といわれる今だからこそ、少しでも金利を高くするために銀行選びが重要になります。金利の差はわずかでも10年20年と経った時に大きな預金の差をつけることができますよ。

今は一番金利が高い銀行に預けることで普通預金金利をメガバンクの120倍も高くすることができます。お得になる金額は毎年100万円を預け続けると、10年で7万円弱、20年で25万円以上になります。

銀行サービスを研究している当サイトでも、今一番お得な情報だと考えています。

特に今メガバンクを利用している人はぜひ一度見てみてください。

預金金利を120倍にする方法を見る



サブコンテンツ

このページの先頭へ